So-net無料ブログ作成
ベルギー ブログトップ

ブルージュ(2) [ベルギー]

2009_02Brugge3226.JPG 

ブルージュの中心はマルクト(Markt)広場だ。この広場を州庁舎、鐘楼、切妻屋根のレストラン、カフェ、土産物店などが取り囲む。ヨーロッパの古い街の中心部には、市庁舎の前に市民が集まることのできる広場のあるところが多い。すぐに思い浮かぶのはブリュッセルやフィレンツェだが、パリのグレーヴ広場もストライキ(grève)の語源となった有名な広場だ。それらの中でもブルージュのマルクト広場は最も美しいものの一つだろう。

 

ところで、この広場に面したハンバーガー・ショップで忘れ難い思い出がある。私のそばで行列についていたお客さん(中年男性)がフランス語で注文したところ、店員(若い男性)はそれに一切応じないのだ。フランス語といっても簡単な注文なのでわからないはずはないと思うが、店員はあくまで英語しか使わない(もちろん、彼はフラマン語を話す客にはフラマン語で対応する)。結局、そのお客さんもあきらめて英語で注文せざるを得なくなった。ブルージュは北部のフラマン語地域だが、同時に国際観光都市であり、フランス語はベルギーの公用語の一つでもある。自分の国なのに自分の母国語が通じない、こういう状況は日本人にはちょっと想像できないだろう。確かにベルギーはマルチリンガル(多国語を話せる人)の多い国だが、そういう人たちが多数派というわけではない。こうした事情はスイスも同様だ。欧米人の方が日本人より「国際的」だなどとナイーブに思い込まない方がよい。

2009_02Brugge3221.JPG

2009_02Brugge3239.JPG

2009_02Brugge3223.JPG

2009_02Brugge3238.JPG

2009_02Brugge3253.JPG

2009_02Brugge3242.JPG

2009_02Brugge3245.JPG

2009_02Brugge3247.JPG

2009_02Brugge3249.JPG

2009_02Brugge3257.JPG

2009_02Brugge3260.JPG 

 

マルクト広場を見終わったあと、行きとは別のルートで駅に向かってのんびりと歩いた。ベギン会修道院の近くに「愛の湖」(Minnewater)と呼ばれる運河があるが、白鳥がたくさんいて詩情をそそられた。ブルージュを訪ねたのはこのとき一回だけだが、観光客の少ない冬の厳しい時期だったことが、かえってこの街の美しさとともに、その裏側にあるものについても、さまざまな想像をかき立ててくれたと思う。

2009_02Brugge3268.JPG

2009_02Brugge3285.JPG

2009_02Brugge3291.JPG

2009_02Brugge3296.JPG

2009_02Brugge3300.JPG

2009_02Brugge3289.JPG

2009_02Brugge3306.JPG 

 


ブルージュ(1) [ベルギー]

2009_02Brugge3213.JPG 

20092月下旬に訪れたベルギーの3都市のうち、ブリュッセルとリエージュについては既に取り上げた(2013111日、12日付の当ブログ)。今回は、もう一つの都市であるブルージュ(Brugge)を紹介したい。

 

ブルージュは中世の面影が色濃く残る街としてあまりにも有名で、世界中から多くの観光客を集めている。しかし、2月下旬の寒い日曜日の朝、私がブルージュ駅に降り立ったときは観光客もまばらだった。私はヨーロッパの街を訪ねるときは、まず観光案内所で地図をもらってから歩き回るようにしている。しかし、困ったことに観光案内所は土日には閉まっていることが多い。このときもそうだった。市内地図が駅構内の小さな自動販売機で売られているのに気づいたのは、既に観光を終えて帰りの列車に乗るため駅に戻ってからだった。それにしても、世界的な観光地の観光案内所が日曜日に閉まっているというのは、日本ではちょっと考えられないだろう。良くも悪くもこれがヨーロッパだ。

 

ともかく、観光ガイドブック(「地球の歩き方」)に載っている小さな地図を頼りに街の中心部を目指して歩き始めた。遠方に背の高い教会(救世主大聖堂、St. Salvatorskathedraal)が見え、結果的にはそこに向かって歩いて行ったことになる。数人連れの観光客に何組か出会ったが、家々の鎧戸は堅く閉められたままで、地元の人はほとんど全く出歩いておらず、一体どこで何をしているのだろうと不思議だった。

2009_02Brugge3146.JPG

2009_02Brugge3156.JPG

2009_02Brugge3164.JPG 

 

途中、ベギン会修道院(Begijnhof)や聖母教会(O.L. Vrouwekerk)があり、近くに運河が流れていた。地図を見ると、そもそも街全体を円形の運河が取り囲んでおり、街の外からは橋を渡って門を通らないと入れない。いくつかある門のうち、ゲントの門(Gentpoort)と十字の門(Kruispoort)まで行って、そこから再び街の中心部に向かって引き返した。途中、この中世の雰囲気たっぷりの街角に、日本のプラモデルを売っている店があり可笑しかった。

2009_02Brugge3169.JPG

2009_02Brugge3181.JPG

2009_02Brugge3182.JPG

2009_02Brugge3186.JPG

2009_02Brugge3188.JPG

2009_02Brugge3194.JPG

2009_02Brugge3196.JPG

2009_02Brugge3198.JPG

2009_02Brugge3199.JPG

2009_02Brugge3203.JPG

2009_02Brugge3205.JPG

2009_02Brugge3209.JPG

2009_02Brugge3215.JPG

 

 


ブリュッセル [ベルギー]

2009_02Bruxelles2987.JPG 

20092月下旬のジュネーヴからベルギーへの小旅行では、O氏との待ち合わせの関係上、空港前のホテルをとった。O氏到着前の一日、余裕があったのでブリュッセル市内を歩いて回った。

 

まず、空港から列車でブリュッセル中央駅まで行き、そこから街の中心グラン・プラス(Grand Place、大広場。Placeは女性名詞だが、grandはなぜか男性形だ)に向かった。長方形の石畳の広場の四囲を、市庁舎をはじめとして荘厳な建物が取り囲む。四面同時にというのは無理にしても、そのパノラマの全体的な雰囲気を1枚の写真に納めたかったが無理だった。近くにある有名な小便小僧の像にも立ち寄った。さらにミーハーなことに、小便小僧の女性バージョンにも行ってみた。小僧の方はまだしも、女性の方は「何これ?」という感じだった(苦笑)。

2009_02Bruxelles3123.jpg

2009_02Bruxelles3125.jpg

2009_02Bruxelles3127.jpg

2009_02Bruxelles2890.JPG

2009_02Bruxelles2917.JPG 

 

グラン・プラスのあとは、市内のあちこちの教会を見て回った(Eglise Ste. CatherineCathédrale St. MichelEglise Notre Dame du Sablonなど)。いずれも観光ガイドブックに載っている由緒ある教会だが、中には建物や内部がかなり傷んでしまった教会もあった。ヨーロッパでも人々の宗教離れ(この場合はカトリック)が進んでいるようだ。

2009_02Bruxelles2920.JPG

2009_02Bruxelles2927.JPG

2009_02Bruxelles2945.JPG

2009_02Bruxelles2972.JPG

2009_02Bruxelles2986.JPG

2009_02Bruxelles2988.JPG

2009_02Bruxelles3020.JPG 

 

最後に王宮のあるロワイヤル広場周辺に戻った。この地区の最大の見所は王立美術館だ。ここでブリューゲルに出会ったことは、以前このブログで触れた(2012327日付、ブリューゲル「謝肉祭と四旬節の争い」)。下の写真は、彼の名作の一つ、「ベツレヘムの戸籍調査」だ。特に彼を目当てに訪れたわけではなかったのだが、偶然の幸せな出会いであった。

PieterBruegel_Le_Denombrement_de_Bethleem.jpg

2009_02Bruxelles3025.JPG

2009_02Bruxelles3027.jpg

2009_02Bruxelles3046.jpg

 

 


リエージュ [ベルギー]

2009_02Liege3059.JPG 

201317日付の当ブログで、「メグレ警視 国境の町」を取り上げた。この映画の舞台はジヴェ(Givet)というベルギーとの国境に接するフランス領の小さな町で、ムーズ川が流れている。私は、ジヴェを訪れたことはないが、ムーズ川のもう少し下流にあるベルギーのリエージュ(Liège)には行ったことがある。ジュネーヴに住んでいた2009年の2月下旬、ベルギーに3日間の小旅行をし、ブリュッセル(Bruxelles)、リエージュ、ブルージュ(Brugge)の3都市を訪れたのだ。

 

出不精な私が冬の寒い2月にジュネーヴからブリュッセルまで飛行機で行き、さらにそこからリエージュまで汽車で旅したのにはわけがある。友人のO氏が日本からヨーロッパに出張で来たのだが、彼はかつて大手鉄鋼メーカーのサラリーマン時代、リエージュの製鉄所で数ヵ月間研修を受けたことがあり、私と一緒にリエージュを再訪したいというのであった。もちろん快諾した。

 

もう4年前の出来事でもあり、訪れた場所を正確に記憶しているわけではないが、以下にリエージュの写真を何枚か紹介しておこう。

 

町の南西にある鉄道駅(ギーメン駅)から、まず北の中心部に向かった。大きな教会は聖ポール大聖堂(Cathédrale St. Paul)だ。確かこの近くのレストランでランチをとった。日本人(東洋人)は珍しいのか、われわれが店に入ったとき、女主人がかなりびっくりした様子だったのを覚えている。その後、フランス語が通じることがわかり、アルコールもかなり注文したので、むこうも安心したようだった(笑)。

2009_02Liege3066.JPG

2009_02Liege3069.JPG

2009_02Liege3099.JPG 

 

昼食後、さらに町の北方向に進み、石畳の階段を通り小高い丘に上り、そこから引き返す形で、大きな教会の横を通って坂道を下り、市内に下りていった。残念ながら具体的なルートや建物名は覚えていないが、非常に雰囲気のある地区だった。

2009_02Liege3077.JPG

2009_02Liege3079.JPG

2009_02Liege3080.JPG 

 

坂を下って、ようやくムーズ川と対面した。川幅はそこそこあり、船が何艘か航行していた。南方向(川上のフランス方向)に川沿いを歩き、途中で右折し駅へと戻った。季節が冬ということもあり、活気に満ちた町という感じはあまりしなかったが、静かな落ち着いたヨーロッパらしい町であった。

2009_02Liege3102.JPG

2009_02Liege3110.JPG

2009_02Liege3121.JPG 

 

*冒頭の写真は、市内北方の高台にある聖マルタン大聖堂(Basilique Saint-Martin)。

 


ベルギー ブログトップ