So-net無料ブログ作成

鎌倉の紅葉-荏柄天神社、鎌倉宮、瑞泉寺 [日本]

2014_12Kamakura0461c.jpg 

125日(金)に次いで6日(土)も鎌倉に写真を撮りに行った。前日、天園ハイキングコースの終点、瑞泉寺の脇を通ったが、急いでいたので中を見学できなかったこと、江ノ島から見た富士山の夕景写真も不満足だったことなどが気にかかっていたからだ。

 

鎌倉駅に着くと、週末ということもあり、前日以上の混雑で、小町通りは歩くのも容易でなかった。最初に寄ったのは荏柄天(えがらてん)神社だ。菅原道真を祭神とし、九州の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と並ぶ日本三古天神の一つらしい。ただ、立派な銀杏の木はあったが、モミジはほとんどなかった。次いで訪れたのは鎌倉宮。本数はそれほど多くないものの、きれいに色づいたモミジがよかった。さらに瑞泉寺まで行った。名刹の誉れ高いお寺だが、私には傾斜地を利用したダイナミックな造形が特に見事だった。モミジはそれほど多くなく、梅の木が多かった。梅は2月中旬が見頃だという。是非再訪したい。

 

前日と同様、最後に江ノ島に行った。しかし、この日の富士山はすっぽりと雲に隠れたままで、到着後には通り雨が降り、いったん引き返しかけたくらいだ。幸い日の入りは見ることができたが、富士山のシルエットと同時にという願いは叶わなかった。

 

<荏柄天神社>

2014_12Kamakura0439c.jpg

2014_12Kamakura0443c.jpg 

 

<鎌倉宮>

2014_12Kamakura0456c.jpg

2014_12Kamakura0471c.jpg 

 

<瑞泉寺>

2014_12Kamakura0475c.jpg

2014_12Kamakura0484c.jpg

2014_12Kamakura0487c.jpg

2014_12Kamakura0513c.jpg

2014_12Kamakura0521c.jpg

2014_12Kamakura0539c.jpg

2014_12Kamakura0542c.jpg

2014_12Kamakura0544c.jpg

2014_12Kamakura0550c.jpg

2014_12Kamakura0552c.jpg 

 

<江ノ島-岩屋>

2014_12Kamakura0579c.jpg

2014_12Kamakura0586c.jpg

2014_12Kamakura0611c.jpg 

 


鎌倉の紅葉-円覚寺、建長寺、天園ハイキングコース [日本]

2014_12Kamakura0128c.jpg 

先週の金曜日(125日)、仕事が一段落したのと、好天だったことから鎌倉に紅葉の写真を撮りに出かけた。朝10時過ぎに着いたが、北鎌倉の駅は既に多くの観光客でいっぱいだった。まず駅の近くの円覚寺に立ち寄ったが、結構いい感じにモミジが紅葉していた。一方、建長寺は、低地の境内にはあまりモミジはなかったが、裏手の高台を上ったところにある半僧坊はさすがモミジの名所だけあって見事だった。

 

半僧坊から瑞泉寺にかけては、天園ハイキングコース(別名、鎌倉アルプス)と呼ばれるハイキングコースがある。今回の楽しみの一つでもあり、早速歩き始めた。道中、モミジの紅葉にはあまり出会わなかったが、3ヵ所ほど富士山がきれいに見えるスポットがあり驚いた。都内から見るよりも随分と近く感じる。

 

この日は欲張って、江ノ島から富士山と日の入りの写真を撮りたいとも思っていた。しかし、天園ハイキングコースとその終点、瑞泉寺から鎌倉駅まで歩くのに結構時間がかかり、結局江ノ島に着いたのは日没後だった。富士山のシルエットはきれいに見えたが、すさまじい強風のため、弁天橋から写真を撮って引き返すことにした。夕焼けに染まる富士山を撮りたいと思っていただけに少し残念だった。

 

<円覚寺>

2014_12Kamakura0017c.jpg

2014_12Kamakura0021c.jpg

2014_12Kamakura0043c.jpg

2014_12Kamakura0070c.jpg

2014_12Kamakura0077c.jpg

2014_12Kamakura0106c.jpg

2014_12Kamakura0152c.jpg 

 

<建長寺>

2014_12Kamakura0194c.jpg

2014_12Kamakura0199c.jpg

2014_12Kamakura0223c.jpg

2014_12Kamakura0227c.jpg

2014_12Kamakura0248c.jpg

2014_12Kamakura0269c.jpg 

 

<天園ハイキングコース>

2014_12Kamakura0296c.jpg

2014_12Kamakura0320c.jpg

2014_12Kamakura0326c.jpg

2014_12Kamakura0330c.jpg

2014_12Kamakura0365c.jpg

2014_12Kamakura0376c.jpg 

 

<江ノ島・弁天橋より>

2014_12Kamakura0418c.jpg

2014_12Kamakura0431c.jpg 

 


小樽再訪 [日本]

2014_11Otaru4507c.jpg 

118日(土)の午後、札幌出張の機会を利用して小樽を訪れた。小樽は、私には懐かしい街の一つだ。1981年、札幌勤務時の初夏の1週間、業務研修の一環としてこの街に通ったことがある。その年の冬の週末にも一度訪ねた。それから33年、小樽運河沿いの倉庫街が観光地になったとか、寿司屋通りなるものができたとか、風の便りには聞いていた。はたまたカジノ誘致運動まであるらしい。

 

はたして、再訪した小樽はどうだったか。確かに、街は随分こぎれいになったと感じた。小樽運河には、中国人観光客らが大型バスを連ねてドッと訪れ、集合写真を撮ったり、食事をしたりして、ドッと立ち去っていく。日本人の若い女性や欧米人観光客らも目立った。しかし、運河や倉庫街の何が見所なのだろうか、と問うと私自身はよくわからない。最近人気らしい寿司屋通りも、少なくとも私が入った店に関しては、値段と量・質のバランスがそれほど良いとは思えなかった。

 

部外者の勝手なノスタルジーと言われるかもしれないが、私にとっての小樽は、北国の港町として、一時期それなりに栄華を誇ったこの町の歴史、そしてその矜持を保たんとして暮らすこの町の人々の健気な心持ちだ。それは小林多喜二や伊藤整など、この町で青春時代を過ごした作家たちの生き方をも連想させる。

 

日が暮れてしまう前、33年前の冬にも訪れた市の高台にある旭展望台まで歩いて上ってみた。随分と遠い気がした。33年前は雪道を歩いて上ったが、それほどきつかったという記憶はない。変わってしまったのは私の体力、気力なのかもしれない。老兵は消え去るのみか、と思うと少し寂しかった。

 

2014_11Otaru4518c.jpg

2014_11Otaru4572c.jpg

2014_11Otaru4592c.jpg

2014_11Otaru4599c.jpg

2014_11Otaru4604c.jpg

2014_11Otaru4605c.jpg

2014_11Otaru4629c.jpg

 


札幌の紅葉 [日本]

2014_11Sapporo4283c.jpg 

今年もあっという間に師走になった。特に911月は週末も含め、なかなか自由な時間がとれなかったが、それでもちょっとした「スキ」があれば、趣味の写真撮影をした。例えば、117日(金)の午前・午後、札幌で用務があり主張したが、6日(木)の午後、8日(土)、9日(日)の午前はフリーに過ごした。以下はそのとき札幌で撮った紅葉の写真だ。

 

札幌は、私が20代前半の1年間、勤務したことがあり、その後も何度か出張やプライベートで訪れたことのある懐かしい街だ。しかし、紅葉の写真撮影と目的を定めて歩き回ったのは今回が初めてだ。6日(木)の午後、札幌駅に着いて、すすきの近くのホテルまで歩く途中、立ち寄ったのが時計台(冒頭の写真)と旧・道庁赤レンガ庁舎だ。実を言うと、札幌在住中、旧・道庁赤レンガ庁舎を訪れたことはなかったが、この庁舎前の小さな公園や池は紅葉の撮影スポットとして実に見事だった。

 

<旧・道庁赤レンガ庁舎>

2014_11Sapporo4320c.jpg

2014_11Sapporo4369c.jpg

2014_11Sapporo4399c.jpg

2014_11Sapporo4412c.jpg

2014_11Sapporo_Nakajima4652c.jpg 

 

8日(土)の朝は北大キャンパスを訪れた。広大なキャンパスのごく一部を歩いたに過ぎないが、キャンパス全体が公園のようで、日本にもこういう贅沢なキャンパスがあるのかと驚いた。

 

<北大キャンパス>

2014_11Sapporo_Hokudai4450c.jpg

2014_11Sapporo_Hokudai4452c.jpg

2014_11Sapporo_Hokudai4473c.jpg

2014_11Sapporo_Hokudai4504c.jpg 

 

9日(日)の午前は、北大植物園でのんびりと写真を撮るつもりだったが、何と北大植物園は114日から428日まで休園とのこと、鉄格子の柵からは見事な紅葉が見えただけに残念だった。そこで急遽代わりに訪れたのが中島公園だ。紅葉の名所とは言い難いが、よく見るとさまざまな紅葉を楽しむことができた。食べ物、自然など、やっぱり札幌は良いなー、と実感した週末だった。

 

<北大植物園、中島公園>

2014_11Sapporo_Nakajima4687c.jpg

2014_11Sapporo_Nakajima4703c.jpg

2014_11Sapporo_Nakajima4708c.jpg

2014_11Sapporo_Nakajima4728c.jpg