So-net無料ブログ作成

「福寿荘 三畳一間で 一万円」 [自分]

2014_02Shinjyuku_gyoen6437b.JPG 

先々週、N社の写真講座の撮影実習で新宿御苑に行ったことは既に記した(201426日付、当ブログ)。温室で写真を撮り終えたあと、福寿草の写真を撮りに行こうということになった。そのとき、連れだって歩いていた年長の男性が私に語りかけたのが上の一句だ。私は、最初なんのことかわからなかったが、「福寿草」を「福寿荘」とかけていることに気づき、ようやく了解した。(故)5代目春風亭柳昇師匠の「雑俳」らしい。

 

私が上の句にピンとこなかった理由はもう一つある。1976年、大学に入学して上京した際、最初に入った学生寮は3畳一間だったが、家賃は1万円よりもう少し高かったような気がする。おそらく私に話しかけてきた男性は私より数年年長なのに違いない。オイルショックの前後で物価水準はかなり変わったからだ。

 

それにしても「○○荘」というのは懐かしい。私は「○○学生寮」のあと、「○○様方」に住み、就職して「○○独身寮」に住んだ。そのあと、20代の後半は「○○荘」だった。いずれも、共同トイレはあったが、(個別の)お風呂や台所はなかった。クーラーもなかった。今にして思うと、どのように暮らしていたんだろうと不思議な気がする。


ヘンリー・ミンツバーグ『マネジャーの実像』(日経BP社、2011年) [経済]

Mintzberg.jpg 

先々週から数日かかってヘンリー・ミンツバーグ『マネジャーの実像』を読み終えた。以前、同じ著者の『MBAが会社を滅ぼす』(日経BP社、2006年)を読んで面白かったこと、仕事の関係で読む必要があったこと、ある経営学者がミンツバーグと私の顔が似ていると言ったこと(笑)などがきっかけだ。(ちなみに、最後の点について補足すると、私と言うより、私の父方の祖父(故人)と確かに似ている気はする。)

 

読み終えて、翻訳ものの経営学書としては読みやすい方だと思ったし、内容も共感する点が多かった。以下に、全体の概要メモを記すとともに、最後に若干の感想を述べたい。なお、以下の概要メモの15の見出しは、私が内容に即してつけたもので、本書の元々の各章のタイトルとは異なる。

 

     *     *     *

 

1.マネジャーは何をしているか?(第1章、第2章)

著者は旧著『マネジャーの仕事』(1973年)で、この問に対して一応の答えを出しているが、本書は、著者がより最近おこなった29人のマネジャーに対する調査や、多くの先行研究をもとに結果の吟味や分析の拡張を行っている。

 

まず、マネジャーについて、「マネジャーとは、組織の全体、もしくは組織内の明確に区分できる一部分に責任をもつ人物のこと」(p. 18)と定義している。

 

マネジャーの仕事の特徴としては、以下の点に焦点を当てている(p. 28)。

- いつも時間に追われている。

- さまざまな活動を短時間ずつ行う。

- 互いに関連性のない業務を細切れに行う。

- 頻繁に自分自身でものごとを実行する。

- 非公式・口頭のコミュニケーションを好む。

- 人との接触の多くをヨコの人間関係が占める。

- しばしば目に見えない形でコントロールを行う。

 

これらの特徴を強調することによって、経営学(の一部)に根強く残る「神話」に対するアンチテーゼを提示している。それらの「神話」とはつぎのようなものだ。

- マネジャーは内省にもとづいて、体系だった計画を立てる(p. 29)。

- マネジャーは正式なシステムを通じて、すでに集約ずみの情報を入手して活用する(p. 38)。

- マネジメントとは主として、「上司」と「部下」の上下関係に関わるものである(p. 44)。

- マネジャーは、時分の時間、活動、所管部署を抜かりなくコントロールしている(p. 46)。

 

著者はインターネットの効用についても懐疑的だ。「インターネットの影響でマネジャーはますます仕事に追われるようになり、その結果、マネジメントが機能不全に陥り、表面的になり、現場と乖離しすぎ、状況に流されすぎるようになるおそれがある」(p. 60)。

 

2.マネジャーがしていることをどうモデル化するか?(第3章)

著者は、マネジャーが何をしているかに関し、個別の構成要素を列挙してもあまり意味がないという。なぜなら、マネジャーが全体として何をしているかが重要と考えるからだ。そうした全体像を理解するための「一般的なモデル」として、つぎのようなものを提示する(p. 71)。

 

それは、中心点を共有するいくつかの楕円形が重なり合ったイメージ図で示される。中心に来るのは①「マネジャーの頭の中」、その周囲を取り囲むのが②「情報の次元」、さらにその周囲にあるのが③「人間の次元」、最後に④「行動の次元」がある。マネジャーは、自分が正式な権限をもつ部署・組織と外部環境(他部署や組織外)にはさまれて、自分が担当する部署・組織が役割を果たせるようにする。

 

上の①~④はタイトルだけでは内容がよくわからないだろうから、簡単に説明しておく。①「マネジャーの頭の中」に含まれるのは、自分の頭の中で、仕事の基本設定を考えることと、スケジュールを立てることである(p. 73)。

 

②「情報の次元」は、マネジャーが情報を用いてほかの人間が必要な行動をとるよう仕向けることである(p. 77)。これにはコミュニケーションを取ることと、コントロールすることが含まれる。

 

③「人間の次元」は、マネジャーがほかの人たちの背中を押して、必要な行動をとるよう仕向けることである(p. 95)。②「情報の次元」との違いは、人々がその意向に関係なく行動を取らされるのではなく、自発的に望んで行動を取るように促すことだ。これには、組織内の人々を導く場合と、組織外の人々と関わる場合がある。

 

④「行動の次元」は、マネジャー自身が直接、具体的、積極的に行動することだ(p. 123)。なお、ここで言う「行動」には、上記①~③の内容は含まれず、ある業務を完了させるために必要な行動を自分自身で取ることである。

 

こうしたモデルを提示した上で、著者は2つの留意点を強調する。一つは、情報の次元、人間の次元、行動の次元の3つの間に適切なバランスが求められることである。「三つの次元の役割をすべて果たしてはじめて、マネジャーはマネジメントに不可欠なバランスを保てる」(p. 137)。もう一つは、3つの間のバランスは時と場合によって異なり、そうした変化に対応する必要があることである。「バランスの取れたマネジメントは、そのときどきに直面する課題に合わせて、さまざまな役割の比重をたえず変化させることによって実現する」(p. 146)。ちなみに、バランスや環境との適合性は、本書を通じてしばしば登場するキーワードだ。

 

3.マネジャーがしていることはなぜ多様なのか?(第4章)

これまで見てきたのは、主にマネジャーがしていることの共通性だが、一方で、マネジャーの間に見られる多様性をどう説明するかという問題がある。先行研究が、注目してきたのはつぎのような要因だ(p. 151)。

- 外部的要素: 文化、官民などのセクター、業種

- 組織的要素: 組織タイプ(起業家型、専門家型など)、歴史の長さ、規模、発展段階

- 職務的要素: 職階、監督する業務・機能

- 一時的要素: 短期的圧力、マネジメント手法の流行

- 個人的要素: 経歴、キャリアの長さ(当該役職、組織、業界での)、個人的スタイル

 

これらの要因を、著者が最近おこなった29人のマネジャーに関する調査結果に当てはめてみたところ、「大きな影響を及ぼしている要素はほんの少しにすぎなかった」。すなわち、「研究者と実務家の両方がとりわけ重視している要素(国民性やマネジャーの個人的スタイルなど)は、一般に思われているほどマネジャーの行動に影響を及ぼしていないのかもしれない。一方、あまり重視されていない要素(組織のタイプや業種など)のなかには、一般的なイメージ以上に大きな影響を及ぼしているものがあるようだ」(p. 152)。

 

例えば、個人的スタイルは、マネジャーが「どのように」するかには影響を与えていたが、「なに」をするかには弱い影響しかなかった(p. 196)。それは、何をするかは環境によっておおむね決まり、自分の仕事の内容を好き勝手に決めているマネジャーはほとんどいないからだ(p. 197)。

 

著者は環境との適合性を一貫して強調しているが、こうも言っている。「マネジャーとして最も成功を収めるのは、環境に合わせてスタイルを変えたり、自分のスタイルに合わせて環境を変えようとしたりする人物ではなく、ましてや、あらゆる環境で通用するスタイルをもっていると自負する「プロの」マネジャーでもなく、それぞれの環境に適したスタイルを元々もっている人物なのかもしれない」(p. 200)。

 

4.マネジャーの仕事はなぜ難しいのか?(第5章)

マネジャーはさまざまなジレンマを抱えながら仕事をしているが、ここでは13種類のジレンマを取り上げている。例によってタイトルだけではわかりにくいものが多いので、簡単な説明を加えておく。

 

(思考のジレンマ)

・①上っ面症候群: 目前の仕事を素早く片付けて行かねばならないため、ものごとをじっくり考える余裕がない(p. 244)。

・②計画の落とし穴: 多忙を極める中で、未来を見据え、計画を立て、戦略を練り、ものごとを考えることができない(p. 246)。

・③分析の迷宮: 分析によってものごとを細かく分解しても、それを一つにまとめ上げることができない(p. 251)。

 

(情報のジレンマ)

・④現場との関わりの難題: ものごとを広く浅く知るようになることで、現場の情報に疎くなってしまう(p. 259)。

・⑤権限委譲の板挟み: ④とは逆に、マネジャーが業務の実際に詳しいと、他人に仕事を任せづらくなる(p. 268)。

・⑥数値測定のミステリー: 数値測定に頼れないとき、どのようにマネジメントしたらよいかわからない(p. 272)。

 

(人間のジレンマ)

・⑦秩序の謎: 組織には秩序が必要だが、ときには現状を変える必要もある(p. 279)。

・⑧コントロールのパラドックス: 組織外からの変化に対応しなければならないとき、組織の上層部から秩序維持の圧力がかかってくる(p. 284)。

・⑨自信の罠: マネジャーの仕事は気弱な人間や自信のない人間には務まらないが、自信過剰な人間も困る(p. 288)。

 

(行動のジレンマ)

・⑩行動の曖昧さ: マネジャーには決断力が欠かせないが、複雑で微妙な差異が大きな意味を持つ環境で、どのように決断力を発揮すべきかわからない(p. 291)。

・⑪変化の不思議: 継続性を保つ必要がある状況で、変化をマネジメントしなければならない(p. 296)。

 

(全体的なジレンマ)

・⑫究極のジレンマ: マネジャーは、数々のジレンマに同時に対処しなければならない(p. 299)。

・⑬私のジレンマ: マネジャーが直面する数々のジレンマを個別に論じてきたが、どれも根は同じに見える。それをどう説明すればよいかわからない(p. 302)。

 

これらのジレンマについて著者はさまざまなアドバイスを書いている。例えば、④現場との関わりの難題に関しては、中間管理職の役割が重要であるとか、⑥数値測定のミステリーに関しては、数値情報と非数値情報のバランスが重要であるなど。しかし、著者自身、最初に断っていることだが、これらの矛盾は緩和できたとしても消滅することはない。折り合いをつけられたとしても解決することはない(pp. 242301)。「繰り返しになるが、重要なのは適切なバランスを取ることだ。ただし、それは固定的なバランスであってはならない。たえず変化する動的なバランスを取る必要がある」(p. 300)。

 

余談だが、これとの関連で著者はつぎの引用をおこなっている。「アメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドいわく、『ある人が第一級の知性をもっているかどうかは、二つの相反する考えを同時に受け入れ、しかもその両方を機能させ続けられるかどうかでわかる』」(p. 301)。これって、パスカルの「パンセ」のつぎの一節と同趣旨だ。人がその偉大さを示すのは、一つの極端にいることによってではなく、両極端に同時に届き、その中間を満たすことによってである」(2012519日付、当ブログ参照)。

 

5.どういうマネジャーがいいのか?(第6章)

おそらく多くの実務家が、どんなマネジャーが優秀なのか、そのための条件は何かに興味を持っていると思う。著者は、さまざまな先行研究をもとに「優秀なマネジャーに求められる資質」をリストアップしている(p. 305)。しかし、著者自身はこうしたリストの効用には否定的だ。どんなマネジャーにも欠陥はあり、問題はある特定の環境下でその欠陥が致命的な弊害を生まないことだと考えるからだ(p. 307)。

 

そうした観点から、組織に弊害をもたらすようなパターンをいくつか挙げている。①マネジャー本人にマネジャーを務める意思や能力がない場合(p. 312)、②マネジャーが行う仕事そのものが遂行不可能な場合(p. 314)、③マネジャーが適材適所でない場合(p. 315)、④成功(体験)が逆に失敗をもたらす場合(p. 317)である。これらのうち③に関してつぎのように言っている点が注目される。「しかるべきマネジメント教育を受けた人物であれば、どのような組織やプロセスでもマネジメントできるというのは、誤った考えだ。学校の運営を元軍人にまかせるべきだという議論があるが、それなら元校長に軍隊を運営させてうまくいくのか」(p. 315)。

 

一方、組織が成功するための条件は何か。これは失敗の場合以上にデータが不足しているが、考え方の枠組として、タペストリー(壁掛けなどに使われる織物)を織りなす「7本の糸」という観点を提示している(p. 320)。7本の糸とは次の通りだ。①エネルギーの糸(マネジャーがエネルギッシュなこと)、②振り返りの糸(マネジャーが謙虚に振り返ること)、③分析の糸(マネジャーが形式知と暗黙知の両方を有すること)、④広い視野の糸(マネジャーが広い視野をもっていること)、⑤協働の糸(マネジャーが、組織内外の人々が力を合わせて仕事するのを後押しすること)、⑥積極行動の糸(マネジャーが、振り返りと行動を組み合わせて、地に足のついた行動を取ること)、⑦統合の糸(マネジャーが、以上全ての要素を統合すること)。これら7本の糸がうまく織りあわされて組織はうまく機能する。

 

マネジャーの選考、評価、育成についてもいくつかアドバイスしている。まず、選考については、

- 候補者の資質を見るより、仕事内容と組織環境に照らして、欠点を慎重に検討した方がよい(p. 342)。

- マネジャーを内部昇格させる場合、候補者を最もよく知っている人たち、すなわちその部下に発言権を与える(p. 343)。

 

マネジャーの評価に関するアドバイスはつぎの8つだ。

- マネジャーが機能するか否かは組織との相性で決まる(p. 346)。

- 普遍的に有能なマネジャーなど存在しない(p. 346)。

- どのような組織でもマネジメントできる「プロのマネジャー」も存在しない(p. 346)。

- マネジャーを評価するには、その組織がどの程度成功しているかを評価することが不可欠である(p. 346)。

- マネジャーがどの程度成果をあげたかは、組織が成果を高めるのにどの程度貢献したかによる(p. 347)。

- マネジャーの評価は常に相対的である。着任時の組織の状態や、ほかの人物がその職に就いたと仮定した場合との比較にもよる(p. 347)。

- マネジャーを評価する場合、部署や組織の中だけでなく、もっと広範囲に及ぶ影響を見るべきである(p. 347)。

- マネジャーの仕事の質は数値で測れない。人間の頭を使って判断するしかない(p. 350)。

 

マネジャーの育成に関するアドバイスはつぎの5つだ。

- マネジャーは教室ではつくれない(p. 355)。

- マネジメントは、さまざまな経験や試練を通じて、仕事の場で学ぶもの(p. 355)。

- マネジャー育成プログラムの役割は、マネジャーが自分自身の経験の意味を理解する手助けをすること。そのために振り返りを後押しすべき(p. 356)。

- マネジャー育成では、マネジャーが学習の成果を職場に持ち帰り、組織に好ましい影響を与えることを目指すべき(p. 357)。

- マネジャー育成に関わる活動は全て、マネジメントという行為の性格に沿って構成すべき(p. 357)。

 

     *     *     *

 

以下、若干の感想を記す。私自身は、末端マネジャーの経験が何度かあるに過ぎないが、本書に書かれたマネジャーが何を行っているかとか、その望ましい(あるいは望ましくない)特性については違和感なく読めた。例えば、私がかつてある組織で係長をしていたとき、いろんな仕事(「雑用」が多かった)が脈絡なく飛び込んできて、その処理に追われ、「本来業務」になかなか手をつけられないというフラストレーションを抱えていたが、そうした悩みは何も私だけではなかったんだ、と認識を新たにした。また、部下としていろんなマネジャーに仕えた経験があるが、その時に観察したマネジャーのさまざまな行動様式も本書の指摘と大いに重なっている。

 

一方で、本書は、優秀なマネジャーはいかに行動すべきか、あるいは、どのようなマネジャーが優秀かといった点については禁欲的で安易な決めつけを避けている。これを物足りないと感じる読者がいるかもしれないが、根拠薄弱な決めつけをする方がよほど罪深い。著者が強調するように、いかに行動すべきかは、さまざまな観点をバランスよく考えて決めるべきであるし、そのバランスも環境や事情が異なれば違ってくる。どんな組織、環境下でも優秀なマネジャーなど存在しないというのもその通りだろう。アメリカでは、優秀なCEOが異なる業種の大企業を華麗に渡り歩くといったイメージがあるが、それは多分に誇張されたものではないか。

 

さらに、著者の指摘は控えめに見えるかもしれないが、現実のケースに適用する際、充分有益な示唆を与えてくれる。例えば、近年、日本でも公的機関のトップに民間企業出身者を登用する例が増えている。公的機関でも効率性は重要な評価基準の一つであり、民間企業出身者の中にその適任者がいる可能性はもちろん低くないだろう。しかし、公的機関は民間企業以上に公共性が強く要請されているのが普通であり、民間企業出身者がそれに相応しい資質を備えているかとなると、何とも言えない。そもそも、民間企業出身者という大ざっぱな括り自体、その中の多様性を無視した乱暴な議論だ。いわんや時の権力者が、自分と政治的な主義主張が近いとの理由で、公的機関のトップを決めるなどといったことがあるとすれば論外と言うしかない。


神田川-雪のあと [散歩]

2014_02Kandagawa7133b.JPG 

今日(215日)の午後、雪や雨が止んだようだったので、神田川沿いを少し散歩した。高田馬場から江戸川橋までだ。雪の風流を多少期待していたが、あちこちで木々が折れているのを目にし、むしろ雪の怖さを再認識させられた。

 

<面影橋周辺>

雪解け水に雨も加わり、川は茶色く濁ってふだんより水量が多い。ハトが懸命に餌を探している。神田川沿いは、岸辺から川に向けて伸びる桜並木が春の時期、実に見事だが、それが何箇所か枝が切り裂けて川に落ちかかっている。

 

2014_02Kandagawa7073b.JPG

2014_02Kandagawa7081b.JPG

2014_02Kandagawa7082b.JPG

2014_02Kandagawa7092b.JPG

2014_02Kandagawa7099b.JPG

2014_02Kandagawa7114b.JPG 

 

<新江戸川公園>

ここは、去年の今ごろ訪れて写真を撮っている(2013218日付、当ブログ参照)。そのときとは様変わりだ。昨年は見落としていた入口近くの椿がよかった。

 

2014_02Kandagawa7115b.JPG

2014_02Kandagawa7116b.JPG

2014_02Kandagawa7129b.JPG 

 

<江戸川公園>

ここでは、ついこの前、梅などの写真を撮ったばかりだ(2014126日付、当ブログ参照)。しかし公園の大木が根こそぎ倒れており、梅の枝も何本か大きく折れていた。さらに江戸川橋寄りに進むと、土が盛り上がって川沿いの鉄製フェンスが倒れている。何ごとかと思って見ると、桜の大木が根こそぎ倒れ、川に落ちていた。いとかなし。

 

2014_02Kandagawa7143b.JPG

2014_02Kandagawa7152b.JPG

2014_02Kandagawa7162b.JPG

2014_02Kandagawa7159b.JPG

2014_02Kandagawa7176b.JPG

2014_02Kandagawa7168b.JPG 


パスカル「パンセ」-ささやかな慰め [パンセ]

2014_02Home7008b.JPG 

今日(214日)の東京は、先週末に続き雪が降っている。幸い、久しぶりに自宅でのんびりと一日過ごす予定だ。上の写真は、今朝撮影したベランダの鉢植えの梅の花だ。昨春は多くの実がなり喜んで梅酒を造ったが、その後、初夏にアブラムシが大量発生し、薬を撒いて退治した。その際、葉っぱの大半や小枝の多くを取り除いたため随分寂しくなった。その後いくつかの枝や葉っぱが生えてきたが、往時の勢いはない。秋には、より大きなサイズの植木鉢に植え替えた。考えてみると、病気になったり、大手術を受けたりと、梅にとっては大変な1年だったと思う。おそらくそのせいで、今年は花の数が少ない。しかし、時期が来ると、間違いなくちゃんと咲いてくれた。また、昨春漬けた梅酒(2013411日付、当ブログ参照)も良い感じになってきた。大したことではないが、それが嬉しい。

 

2014_02Home7023b.JPG 

 

そんなことを思いながら、久しぶりに「パンセ」を手にとってパラパラとページをめくっていたところ、つぎの1節が目に止まった。

「わずかのことがわれわれを悲しませるので、わずかのことがわれわれを慰める」(B136S77L43)。

«Peu de chose nous console parce que peu de chose nous afflige.»

 


雪の小石川後楽園 [散歩]

2014_02Koishikawa_korakuen6943b.JPG 

昨日(28日)の東京は雪で大変だった。報道によれば、東京都心では19942月以来、20年ぶりに20センチを超える積雪があったという。私は小金井で用務があったため、朝の7時に家を出たが、そのころは電車の遅れはまだ軽微で1時間ちょっとで目的地に着くことができた。しかし、夕方の4時半ころ帰宅しようとすると、既にJR中央線は運休、雪が降りしきる中、40分ほど歩いて西武新宿線の最寄り駅までたどり着き、新宿行きの普通電車に乗ることができほっとした。しかし、高田馬場で地下鉄東西線に乗り換えようとすると、今度は東西線が全面運休、・・・。結局、帰りは3時間かかったが、これでも比較的ラッキーな方だったかもしれない。

 

さて、今日の日曜日は一日休みだが、せっかく雪が降ったのだから、と外に写真を撮りに出かけたくなった。ちょうど梅の時期が始まったこともあり、小石川後楽園を訪ねた。入口(西門)から見て右奥(東門の方向)は除雪作業のためクローズだったが、左奥にある梅林は幸い開園時(9時)から行くことができ、ずっとそこで写真を撮って過ごした。紅白、さまざまな品種の梅がバランスよく咲いており、昨日程度の雪にはめげていない様子だった。梅はやっぱり強い。

 

9時の開園時はまだ曇天だったが、10時過ぎには陽が射し、青空がのぞくようになった。雪の中で写真を撮るには眩しすぎると思い退散したが、来園者はちょうどこの時分から増え始めた。何だかちょっと得をしたような気になった。

 

冒頭の写真は「光圀」という品種。そう言えば、おしべが黄門さまの白いあごひげのように豊かで長い。

 

2014_02Koishikawa_korakuen6800b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6978b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6974b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6815b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6842b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6907b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6952b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6856b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6877b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6883b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6892b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6894b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6957b.JPG

2014_02Koishikawa_korakuen6959b.JPG 


日経新聞の「春秋」欄から-「バンドワゴン効果」 [自分]

2014_02Home6460b.jpg 

私が、自分で新聞をとりはじめたのはたぶん大学3年生のときで、「朝日新聞」だった。別に朝日のやや左がかった(と、当時は思われていた)論調が好きだったわけではない。下宿先の大家さんと同じ新聞を購読することが、集金の際の都合上便利だったというに過ぎない。その後、就職してからは「日本経済新聞」に変更した。これまた、仕事上の必要という実利的な理由からだ。何せ私が就職した職場はエコノミストだらけだったので、日経を読んでいないことには日常会話について行けなかった。さらに、仕事面でも支障をきたすことになる。例えば、課長から朝、「○○君(私のこと)! 今日、日経に載ってた××の△△調査、手に入れておいて!」などと言われることがしょっちゅうだったからだ。

 

その後、2008年にヨーロッパに行くまで、日本に住んでいたときはずっと日経をとっていた。しかし、2010年に帰国してから日経の講読を再開する気にはなれなかった。正確に言うと、日本の新聞はどこもとる気がしなかった。新聞はしばしば政治的なキャンペーンを張る。それによって、取り上げるニュースや取り上げ方も露骨に異なる。インターネットの発達で、各紙の記事を読み比べたり、新聞が取り上げないようなさまざまな真偽の不確かな情報を目にしたりすることが容易になるにつれ、特定の新聞を高い料金を払ってまで講読する気は起きなかったのだ。

 

しかし、ようやく昨年の後半になって、自分に興味がないことも含め、多少は世の中の動きを知っておくには、新聞を講読した方が良いかなと思い直し、日経の購読を再開した。インターネットでは自分の興味があること以外、積極的に情報収集する気になれないが、新聞はただパラパラと紙面をめくれば、興味がないことでも目に入ってくる、という違いがある。

 

前置きが長くなりすぎたが、日経新聞を読み始めて気づいたことの一つは、「社説」や13面あたりの記事と「春秋」というコラム欄の論調の違いである。前者は新自由主義的な観点が色濃く出ていることが多いのに対し、後者は、やや左がかったというか(笑)、時の政権にも距離を置いたような論調が少なからず見られる。「春秋」の執筆者は各部の記者が日替わりで担当しているらしいが、なかなか「大人」が多いな、と実は私は結構評価している。

 

つい先日(24日付け)も、「バンドワゴン効果」にこと寄せて、大阪市の橋本市長に批判的と読める内容が載っていた。私が読んでもほとんど違和感のない内容だ。このコラムが載ったあと、ある有名「作曲家」のゴーストライター問題が発覚したが、彼のCDが大いに売れたのも一種の「バンドワゴン効果」だったと言えるだろう。

 

2012_0204Nikkei_Shyunjyu.jpg 

 

そう思って、この記事を再読してみると、「バンドワゴン効果」について、「政治の世界では見馴れた光景だ」、「ビジネス界にも似た現象がある」と2つの業界をやり玉に挙げている。あれっ、マスコミは? 「現代のベートーベン氏」が一部でブームを呼ぶようになったきっかけは、そもそもマスコミが好意的に取り上げたからだ。また、マスコミは、民主党政権末期に消費税引き上げのキャンペーンを張っていたが、そのとき盛んに言っていたのは財政赤字と社会保障制度の立て直しだったはずだ。今、そのどちらにも目処がついていないのに、マスコミはほとんど騒いでいない。一体どうしたことか。それに追い打ちをかけるように、公共放送の会長や経営委員会は、自ら狂信的に鉦や太鼓を打ち鳴らす「バンドワゴン」と化したようだ。世も末か。

 

冒頭の写真は、以前、倉敷のチボリ公園(2008年末に営業終了)で買った「裸の王様」のぬいぐるみ。自戒の念も込めて大切にしている。


新宿御苑-マクロレンズで温室の花 [自然]

2014_02Shinjyuku_gyoen6094b.jpg 

今日、N社主催の「マイクロレンズde花写真」という写真講座の2回目の撮影実習があった。場所は新宿御苑の大温室。前回の神代植物公園にはなかった草花も多く、また、撮影のノウハウも多少は身についたので、それなりに気に入った写真が撮れた(ような気がする)<笑>。以下は、いくつかそのセレクション。

 

2014_02Shinjyuku_gyoen6117b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6326b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6234b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6129b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6142b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6147b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6223b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6274b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6096b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6300b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6192b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6253b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6267b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6335b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6344b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6349b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6174b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6361b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6152b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6161b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6067b.jpg

2014_02Shinjyuku_gyoen6409b.jpg 


筑波山-富士山と梅林公園 [日本]

2013_02Tsukuba0750b.JPG 

201323日朝7時、筑波山中腹より撮影)

 

この週末、12日で筑波山に行ってきた。毎年、この時期恒例の行事に参加するためで、昨年も訪れた。そのとき、筑波山から富士山が見えることを初めて知った(冒頭の写真)。関東平野というのは広いんだなと再認識するとともに、深い感動を覚えた。今年も富士山が見られることを期待して望遠レンズまで持っていったが、あいにく2日間とも曇天で見えなかった。

 

その代わりというわけでもないが、今年は初日の朝、早めに行って山の中腹にある梅林公園を訪れた。斜面の上方の紅梅はかなり咲いていたが、全体としてみると見頃はまだまだ先だった。それにしても梅の木の本数の多さからして、見頃の時期はさぞや圧巻に違いない。斜面の下方はまだほとんど咲いていないように見えたが、念のため下りていくと、臘梅が咲き誇っている区画があった。こちらは、既に傷み始めた花も多く、ピークを少し過ぎたようだった。しかし、臘梅がこれだけ密生しているところは初めて見た。本来の仕事も無事に終わり、良い週末だった。

 

2014_02Tsukuba6662b.jpg

2014_02Tsukuba6663b.jpg

2014_02Tsukuba6661b.jpg

2014_02Tsukuba6673b.jpg

2014_02Tsukuba6695b.jpg

2014_02Tsukuba6703b.jpg

2014_02Tsukuba6725b.jpg

2014_02Tsukuba6746b.jpg

2014_02Tsukuba6753b.jpg 


牛天神・北野神社-梅の花、凜として咲く [散歩]

2014_01Tenjin6575b.jpg 

131日、自宅から秋葉原まで散歩がてら買い物に出かけた。途中、文京区春日で牛天神・北野神社という小さな天神さんに立ち寄った。明日から4週間、紅梅まつりがあるらしい。実を言うと、私は30数年前この近くの路を通学路として数100回は通っているはずなのだが、そのころは神社の存在を明確には意識しておらず、いわんや立ち寄ったこともなかった。まことに恥ずかしい限りだ。

 

1184年(寿永3年)の春、源頼朝が東国追討のおり、この地で牛に乗った菅神から神託を受けたのが神社の起源とされる。社殿は短い階段を上った先にある。梅の開花状況は木によって異なるが、全体としてみれば23分咲きといったところだった。しかし、私は以前もこのブログに書いたが(2012229日付け記事など)、他の花に先駆けて、凜として咲く梅の花が好きだ(例えば、冒頭の写真)。「凜」の字の左側の「にすい」偏は氷の筋目の形を表す象形文字で、こおる、寒いなどの意味がある。近ごろ付和雷同的、ぬるま湯的な政治家やマスコミなどがこの言葉を好んで使っているのを目にすると興ざめしてしまう。本来、気軽に使える言葉ではない。

 

2014_01Tenjin6559b.jpg

2014_01Tenjin6554b.jpg

2014_01Tenjin6510b.jpg

2014_01Tenjin6566b.jpg

2014_01Tenjin6544b.jpg

2014_01Tenjin6550b.jpg

2014_01Tenjin6529b.jpg

2014_01Tenjin6533b.jpg

2014_01Tenjin6579b.jpg

2014_01Tenjin6581b.jpg 


湯島天神-梅と受験 [散歩]

2014_01Tenjin6649b.jpg 

一昨日、秋葉原に行く途中、文京区春日の牛天神・北野神社に立ち寄った。となると、そのあと順路からして自然なことだが、湯島天神にも立ち寄った。38年前、大学受験で上京した際、合格祈願で訪れて以来、何度か来たことがある。同じ天神さんだが、ブランド力の違いか、牛天神・北野神社はひっそりしていたのに対し、こちらは多くの参拝客で賑わい、屋台もいくつか出ていた。

 

この神社の梅の開花は例年遅めだが、果たして予想通り、開花した梅はまだ少なかった。もっとも蕾が多くスタンバイしているから、やがて咲く、ということだ。昔、インターネットがなかったころ、受験の合否を伝える電報の文面に、「サクラサク」、「サクラチル」という言葉がそれぞれ使われていた。しかし合格発表の時期や花の咲き方からすると「ウメサイタ」、「ウメサカズ」の方が相応しいかもしれないなどと余計なことを考えながら神社を後にした。

 

2014_01Tenjin6582b.jpg

2014_01Tenjin6635b.jpg

2014_01Tenjin6587b.jpg

2014_01Tenjin6655b.jpg

2014_01Tenjin6600b.jpg

2014_01Tenjin6611b.jpg

2014_01Tenjin6596b.jpg